転職するときには自分を見つめなおす

80年代前半は転職する事はいまほど普通のことではありませんでした。

転職することで給与が下がってしまう場合も多くて、
なおかつ、退職金額は勤続年数に比例してしまうという考えもあったため、
たとえその会社や仕事が自分には向いていないとなっても、
辞めずにそのまま続けた方がいいという考えが主流でした。

そんな時代だったため、自分がやりたいと思う仕事を求め、
転職する人の事を「青い鳥症候群」という言葉で
非難する事が流行ったりもしましたね。

「最低3年はその会社で我慢しろ。
 そうすれば、仕事に面白みが見えてくるはず」などと、
早期の転職を諫める人がほとんどという状況でした。

しかしながら近年、状況は大きく変わってきています。
企業側は終身雇用の考え方を捨て去って、
そのとき、そのときに必要なだけの社員を雇用するという、
効率を追求する経営に変わりつつあります。

たとえ自分が現在働いている会社で定年まで働きたいと思っても、
会社をとりまく環境次第でそれができなくなってしまうのです。

このような過酷な状況の下で、
私たちが、どんなときにでも会社から見放されたても、
納得できる仕事を確実に保てるように、
いつ何時でも準備しておく必要があると考えられます。

社会経験の長さや年齢に応じ、社会的に必要とされる技術を身に付け、
人材としての価値を持ち続けていかなければいけません。

こういった時代背景を考えて、これからの仕事選びや職場選びは、
自分の志向と一致していて、能力的にも自分は適応できるかを
チェックすることが大切。

自分には合っていない仕事や、それほど好きではない仕事でも、
我慢を何とかしていれば食べていくだけの収入は
得ることできるかもしれませんが、
頑張れると思えない仕事についてしまったのでは、
生きていくうえでの楽しみもありませんし、
その収入すらもいずれは失うはめにもなりなかねません。
それに対し、自分が好んだ仕事や自分に合う仕事なら、
多少の辛いことがあっても我慢はできるし、
必要である知識も吸収する意欲も持続されます。

そんな努力を継続して、経験を重ねることにより、
仕事を遂行するうえでの技術や知識が高まってきて、
キャリアとしての幅と奥行きを広げることができるのです。