転職先での再契約の手続き

転職契約社員について以下のような例もあります。

【Q】 契約社員として働いて10年ですが、一度も再契約手続きがなされない

契約社員として今の会社に勤め始めて10年程になります。
この期間、契約の更新が行われていましたが、
再契約を一度も交わしたことがありません。
まあ、査定での昇給はありますが、
多少契約条件を見直してもらいたいとも思っています。
会社へ契約条件の見直しを求める際は、
どのように切り出したらよいのでしょうか??


【A】 正社員同等の待遇を求めることができる

パートタイマー、契約社員、アルバイト等として
雇用期間を決められている「有期契約」を交わしている場合、
契約満了した際に、契約の更新を労使双方で「確認」して、
引き続いて雇用を継続する場合は、再契約を結ばなければなりません。

このような契約更新手続きがなく、
期間の満了するごとに就労者の意思を確認しないまま更新を重ね、
かつ更新手続き自体が形骸化している状態であるならば、
その雇用契約は、期間を定めていない雇用に転化したと判断されます。
あなたの場合は、まさにこの例に当たります。
これまでの10年間は、会社側から契約更新を拒絶されることがなく、
契約を更新し続けたのですから、
あなたは正社員と同等の身分だと解釈していいことになるんです。

正社員という立場であれば、賃金の値下げがない限り、
昇給などの個別の交渉がないとしても、それは納得するべきです。
しかし、正社員と同等に働いているにもかかわらず、
未だに契約社員だという理由で、
自分に不利な労働条件を適用されているのだとしたら問題ですね。


あなたの場合はどうですか?