転職先での契約更新について

こんなQ&Aがありました。
参考にしてくださいね。

【Q】 初の契約更新を交わすときに再契約を拒否された
1年契約をし、契約社員として会社で働いているのですが、
最初の契約更新を前に、会社から「契約更新はしない」と言われました。
契約したときの話では、
「よほどの事情がない限り、契約を更新をする」との話があったため、
契約社員となり働いていたのです。
こんなことでは納得できないです。

↓↓↓↓↓

【A】 契約更新を約束のうえでの契約拒否は無効になりうる
1年未満の短期間での雇用契約を定めつつも、
何度と更新を重ねて働き続けた契約社員やパートタイマーは多いです。
このような短期契約で働く人に対して、
会社側は契約更新を拒否するのは「雇い止め」と言われます。
契約社員というのは、原則的には
契約期間満了で雇用関係は終了されます。
ただし、幾度かの更新を重ねながら継続的に雇用されて、
事実上正社員と何ら変わりない雇用形態になっている、
そのような契約社員の場合は別で、
更新拒否に正当な理由を必要とします。
また、正社員に対しの解雇予告同様となり、
会社側は契約期間満了の30日前までに
契約打ち切りの通知を出す必要があります。
理由が明確でない場合の契約更新拒否は権利の乱用として、
無効になることがあります。
しかし、あなたの場合は、初めての契約更新期を迎えるのですから、
長期勤務の実績がないといえます。
従って会社側からの更新拒否は何の問題もないといえます。
しかしながら会社側から契約更新するといったにもかかわらず
契約拒否を行ったのであるとすれば、
会社側が継続勤務をあなたに期待させる状況だったとして、
その契約拒否が無効になる場合もありえます。
ただ、その判断というのは裁判でゆだねることになるのです。

裁判となると面倒ですよね。
短期の契約社員はどうしても立場が弱くなります。