転職先での契約更新について

就職転職で、以下のようなQ&Aがありました。


【Q】 契約更新がないという話が、契約満了の前日に行われた・・・

契約終日が3月20日までという労働契約をしたのです。
契約期限が近づいてきても、契約更新の話が会社からなかったので、
契約更新が「自動的に」なされるものだと思っていました。
しかし契約満了前日になり契約更新は無いと通知されて、
その後、準備が何もできないまま退職となりました。
このような会社の対応には、何の問題もないでしょうか??


【A】 契約は、自動的に終了するものと考えて、自ら準備しておくべき・・・

嘱託でも契約社員でも雇用形態に関わらず、
雇用期間が定まっている労働契約である場合には、
期間満了で労働契約は、自動的に契約の終了となります。
この場合、雇用主も労働者共に、
「契約の更新を希望しない」旨の意思表示をすることは「必要ない」のです。
しかし、労働者側としては、契約更新の通達や打診が無いと、
更新があるのか否か、分からない状態が続き、不安になります。
そのため雇用主は、更新しない旨を
前もって通告をするべきだと考えられますね。
しかしながらあなた自身で契約更新があるのか
その確認をしなかったようですので、
あらためて契約更新の手続きを要求するのは難しいです。
ただし、契約更新を少なくとも過去に1回以上している人の場合、
その更新を慣習としている会社も見受けられます。
そういう場合は、更新を希望しない側が、
相手に対して前もって「この契約以後は契約を更新しない」
との意思表示が必要となりあます。
あなたの場合は、どれに該当するかはわからないですが、
契約社員が適用される就業規則や
雇用契約書の内容を見て再度確認してみてください。
また、事前通告にある「事前」という期間を決めるについても、
就業規則や雇用解約書があるのならば、そこに記されているはずです。
会社がもし規則などに沿っていないとすれば、
何らかの対応を会社に求めることが可能になります。

とにかくお互いの認識を統一しておくべきですね。