転職時での契約期間

このようなやり取りがありました。

【Q】 契約社員として契約期間を1年とされたが将来に不安を感じます・・・

私の会社は、社員になるための道として、契約社員制度を始めました。
契約社員になれば、給与は年俸制となり、
目標以上に上げた売り上げは、
一定割合ずつ給与に上乗せしてもらえるなど大きなメリットもあります。
しかし、契約期間は「1年」とされています。
会社側は必ず契約更新をするといいます。でも・・・
もし再契約できなかったらと考えると不安なのです・・・


【A】 1年毎に契約をしていくのは法律を配慮しているため

専門的な知識や技術を持っている人に対して、
その力・能力・知識などを最大限に発揮してもらおうという、
正社員とは違う給与体系や勤務体系等を用意して、
契約社員という名目で雇用する場合は決して少なくないです。
新規の人を外部から雇う形だけでなく、
あなたが勤務している会社のように、キャリア・プランの一つにして、
契約社員から正社員への道を選択できる企業が徐々にですが増えています。
企業側が労働者を雇用するときには、
労働契約の中で雇用期間を特別に定めないのが一般的なのですが、
契約社員は、一定期間毎の契約の内容を見直すことなどの事情で、
雇用契約期間を決めるのが一般となっています。
この場合は、最長の雇用契約期間が1年となります。
民法上では、雇用契約期間が何年に定めようが問題ないのですが、
あまりにも長い期間を定めることができるとすれば、
労働者は長い期間使用者に拘束されてしまい、
強制労働をさせられる可能性を持ってしまします。
それを防ぐために労働基準法では、
労働契約の中に契約期間を定める場合には、
1年を超える契約をしてはならないと決めてあるのです。
法律に従っているわけですね。