転職時の契約社員の契約期間

こんなやりとりがありました。

【Q】 契約期間が請負業務終了期間までにするのは妥当なのか?

ソフト開発の会社を契約社員として応募したときのことですが、
面接の説明によると、契約期間についての話になったとき、
「担当者として任せた業務を終了するまで」とのことでした。
このように具体的ではない契約期間で問題無いのでしょうか?


【A】 原則として期間を定めなければならない。

そして、期間を延長する場合は再契約を交わします。
契約社員は、1年以内で任意の契約期間を原則としています。
そして、労働時間や休日休暇、賃金など、労働条件については
会社の正社員とは他に契約を結ぶものです。
契約期間内に決め事を設けるのは、パートタイマーと同様です。
いずれの場合にしても、雇用契約は期間を明確に決めることが求められます。
期間が定まらない、あるいは契約期間の終了が特定されない場合では、
正社員を雇用する場合と何ら変わらないことになります。

あなたの場合、「担当の業務事項が終了するまで」と言ったことで、
期間が限定されているように一見思われますね。
しかし、雇用が決定した時点で、その業務の終了が3カ月なのか、
1年以上の期間を要するものなのか、検討がつかないのであれば、
あなた自身のその後の計画が全く立てられなくなり不安になりますよね。

もし契約期間が1年を超えることが雇用されたときから検討がつく場合は、
労働基準法で定められている最長1年ということに
会社として違反することになってしまいます。
期間が明確に定めておかないと、雇用で決められた業務が
何らかの事情により途中で打ち切りになってしまった場合などでは、
その時点で突然契約が終了してしまうことにもなってしまいます。

雇用契約時には、具体的な契約期間を定めることがとても重要。
契約期間が具体化されて、「予定期間内で仕事が終了しなかった場合は
さらに3カ月間の契約を延長することもある」などと
特約を定める事を、会社に交渉してみましょう。

しっかり契約期間は確認しましょうね。