転職で「正社員」になるには

正社員は、一般的に他社との二重契約をすることを禁止しています。
当たり前といえば当たり前ですね。

しかし、契約社員の場合になりますと、
その会社で週の何日働くかを契約に明記することとして、
働く日以外はほかの会社で働くことができます。
契約内容の中に勤務時間を細かく盛り込んでいれば、
自分の好きな時間帯の勤務を選ぶことが可能になるんです。

また、契約社員というのは、原則的に昇給・昇進は無縁です。
なので社内行事や会社への忠誠心といったものに束縛される事もなく、
人間関係といったわずらわしさからも解放されています。

その事から契約社員は比較的自由に働けることがメリットになります。
契約社員には、会社によって将来の保障を受けることはできません。
しかし正社員の給与体系になっては得られない、
特別な待遇が受けられる働き方だといえますね。

しかし、正社員になれば雇用契約によって
雇用期間が定められないため、
問題がとくになければ定年まで勤めることができます。

また、辞めたいと思ったときはいつでも辞めることができます。
もちろん簡単に辞めることを決めるのはお勧めしませんが、
正社員には、そういった自由がありますが、
契約社員には契約によって定められた期間中は、
雇用主、または労働者に、事情が特別ない限り、
契約を一方的に解除することはできません。

また、双方に合意があれば契約を更新することもできますが、
働く側だけが契約延長を希望しても、
会社側によって更新を拒否すれば、期間満了をもって、
自動的に雇用は終結することになります。
転職するにあたって、契約社員を視野に入れるのならば、
以上のような契約内容をしっかり念頭に入れておきましょう。

タグ: