転職してからの注意点とは

入社してからしばらくの期間は、
具体的な仕事内容や仕事の進め方に関するルール、
職場慣習などわからないことがたくさん出てきます。

なので、わからないことがあれば、
どんなに些細なことだとしても上司や同僚に質問していきましょう。
質問をし、それに対しての答えてもらうことにより
意思の疎通・コミュニケーションが図られるとともに、
相手はその人に積極性があり、問題意識を持っていて、
真面目だという印象を持ってもらうことになります。

ここで避けたいのは、
これまで自分の経験上でわかっていることだといって
自己判断により仕事を進めてしまうこと。
職場でのルールを理解してないうちから、
前いた会社でのやり方を通していると、
思わぬ失敗を招いてしまうことがあります。

要領がわかっているとしても、まずは段取りの確認を!

そして張り切りすぎも考えもの。
周囲からの信頼を勝ち取るためには、
仕事に対して真面目に取り組んでいるという姿勢を見せることが大事ですが、
しかしながら張り切りすぎてもだめですね。
会社のことをまだよく知らないのに、自分の意見や主張を振りかざし、
同僚からの仕事後の誘いに仕事が残っているからなどと言って
断ったりしていては、いつまでたってもその職場に溶け込めません。

そのうち同僚からも生意気というレッテルが貼られて、
爪弾きにされることとなるでしょう。
会社の立場でいえば、転職者というものには、
既存の社員にない異質の経験を生かして、
仕事の進め方や製品開発などを新しい発想で取り組んで欲しいという
期待感があるわけですので、その能力を存分に発揮するためにも、
職場のルールを守り、周囲に受け入れてもらえることが大切です。

もちろん、会議などで自分の意見を求められたならば、
そのときは積極的に自分の意見を発言するべきです。
しかし、早く自分の実力を認めさせたいと焦り、
自分の実力を見せびらかしているような
印象を与えないように注意ていきましょう。

タグ: